カラーセラピー

名古屋のカラーセラピーサロン「月桂樹ローリエ」

カラーセラピーで、すっきりして、気持ちが前向きになりました。

これは、カラーセラピーの後に、いちばん多いことばです。

カラーセラピーは、色のパワーを使って、曇っていた部分に光をあて、
心と体をやわらげ元気づけ、気持ちをリフレッシュするようなセラピー
です。

月桂樹ローリエのカラーセラピーは、色というツールを通じて、さりげなく本心に近づき、
本当に感じていることや望んでいること、今現在を見直し見通す力を与えます。
これからをよりよい方向へ導き、本来の輝き、秘めている能力を呼び起こす、
カラーセラピーマジックをあなたにもたらします。

カラーセラピーを行うことで、心の奥の本当の気持ちと今のあり方に気づき
目の前のことを、客観的に、整理して、見ていくことができます。
そして、色の力を効果的に使っていくことで、バランスのとれたあり方、ときには、
ありのままの自分と相手を受け入れ、大切にすること、愛することまでをサポートしていきます。

カラーセラピーをおすすめするのはこんな時

転機を迎え、新しいことが始まる前。

まわりに影響され自分の気持ちがわからない。

あれこれ考えすぎて行動できないとき。

悩みや不安、葛藤や迷いを断ち切りたい。

ずっと続けている今の生活に変化が欲しい。

自分を少しだけ変えたいと思い始めたとき。

ストレスを解消してリフレッシュしたい。

カラーセラピーで変わること

本当にしたいことや本心が自然にわかる。
今後の方向性やヒント・打開点がみつかる。
もやもやした気分が晴れて希望と勇気がわく。気持ちと考えが整理され、行動力が出てくる。
今の自分を受け入れ人と自分にやさしくなる。
感情のゆらぎが減り安定して楽観的になる。


カラーセラピーは、五感のひとつの感覚である視覚、色という本能的感覚に注目して、
色を最大限に利用し、現在に光と、よりすばらしい未来をもたらすセラピーです。

月桂樹ローリエならではのカラーセラピースタイル

まだ何も話していないのに、カラーセラピーでどうしてそこまでわかるの?

名古屋のカラーセラピーは昭和区の「月桂樹ローリエ」 こちらもよく聞かれることばです。
何気なく適当に選んだつもりのカラーボトルには、その人の様々な側面が現れています。

月桂樹ローリエのカラーセラピーでは、まず初めに、選ばれたボトルの色からわかることを、その人自身が持つエネルギーからインスピレーションと共にお伝えしています。

初めて来た方も、ボトルの色を通じた様々な情報に時には驚かれ、私自身、その人に必要なメッセージがやってくると感じることがあります。

最後に選び出されるミッシングカラーは、必要な色、取り入れることでパワーアップやバランスをもたらす色は様々な意味を持っています。経験を積んだセラピストが、その人の持つ可能性と、選ばれた全体のボトルの色のメッセージを感じ取り、選んでいます。その色がもたらす体と心への影響、日常生活への色の応用のし方、美容や健康面から、スピリチュアルな面までのアドバイスは、心理学を学び、体の解剖生理学から目に見えないエネルギーの仕組みまで、幅広い知識を持ったオーナーセラピストのオリジナルです。どんな内容になるかは毎回違って、カラーセラピーマジックのひとつです。サロンで使用するセンセーション・カラーセラピーのボトルは、アロマの精油やクリスタルの波長を含み、体のチャクラにも対応しています。五感と直観といったその他の感覚をフルに活性化します。

カラーセラピーセッションの流れ

カラーセラピーカウンセリング

カラーボトルの選択 無意識に選ぶ色

10色のカラーボトルの中から気になる色をインスピレーションで6色選んでボトルを並べていきます。

ボトルの色のリーディング 色からのメッセージ

初めに選ばれたボトルの色から読み取れること、表れていること、今現在の様子と近未来の可能性を具体的にお伝えしていきます。

コンサルテーション 気になることを色から知る

時折短い質問をしながら簡単にお話を伺っていきます。

ミッシングカラー 幸運を呼び込む色

今現在にプラスするとよい色、取り入れるとよい色を選び出していきます。

色を取り入れるヒント&アドバイス

まず呼吸法を練習しながらその色をイメージして息を吸うカラーブリージング。色を直接体に取り入れて体のエネルギーバランスを整えます。30分コースはアドバイスのみとなり、色の呼吸法はなしとなります。

名古屋のカラーセラピーは昭和区隠れ家サロン「月桂樹ローリエ」

あなたの知らないカラーの力 色が体に及ぼす影響

名古屋のセンセーションカラーセラピーは月桂樹ローリエ色には私たちが想像するよりもずっと多くの影響を及ぼす、驚くほどの力があります。

色には心に影響を与える働きがあります。
オレンジ色をみると食欲がわいたり、暖かさを感じたり、楽しい気分を引きだしてくれます。
そして暖色系の色の部屋では同じ室温の寒色系の部屋よりも、実際の体感温度が3度高くなると言われています。
このように私たちは無意識に色の影響を受けていて、身のまわりにある色が様々な心理的・生理的作用を与えています。

カラーセラピーが、日照時間の少ない国で多く利用されているのも、カラーセラピーが体に光を取り入れるためのひとつの方法と考えられているからです。冬に多い季節性のうつ状態や不眠、体内時計の乱れに、電気の光を照射して治癒するのも、人間の体がある程度の光を必要とするためでしょう。

パワーとバランスをもたらすミッシングカラー

カラーブリージング

50分からのコースでは、補うとよい色(ミッシングカラー)を選び出して、カラーブリージング(色の呼吸法)を行い、日常生活でのその色の取り入れ方や活用法をお伝えしています。

ミッシングカラーとは?

ラッキカラーとは違い、不足している部分を補いバランスを取る色のことです。その人全体のバランスをみて選び出される色で、その都度ひとりひとり違ってきます。

「月桂樹ローリエ」 カラーセラピー


ミッシングカラーを取り入れることで、よりバランスの取れたものの見方や行動を促すでしょう。

月桂樹ローリエのカラーセラピーでは、気軽にカラーセラピーが楽しめる30分のコースから、アロマトリートメントと組み合わせ色に対応した精油を選ぶ120分のコースなど様々なタイプのコースを用意しています。詳しくは→サロンメニュー

inserted by FC2 system